カキノキ(柿の木)

別名
科属 カキノキ科カキノキ属
学名 Diospyros kaki

性状
落葉高木
葉の分類
互生、単葉、広葉、切れ込みなし、鋸歯なし
類似
備考

参考: 葉っぱでおぼえる樹木(柏書房)/日本の樹木(山と渓谷社)/樹に咲く花(山と渓谷社)

樹形

15.06.20東京都薬用植物園

樹木解説

高さ5~12m、直径15~30cmになる。樹皮は縦に走るひび割れが多数発生する。葉縁は全縁でまれに上部に鋸歯が見られる。葉の表は濃緑色、葉形は卵状長楕円、葉身は7~17cmくらい。樹皮に細かいひび割れがある。

08.11.09上福岡

08.11.09上福岡

09.07.05上福岡

15.05.27東京都薬用植物園

14.05.14上福岡

10.05.29上福岡

08.11.09上福岡

09.11.07神代植物公園

小説の木々

せいちゃーん、とどこかで誠一を呼ぶ声がする。せいちゃーん、出てこいよお、もうおわったっぺ、と幾つもの幼い声が重なる。どこいるんだよお、と心配する声もある。我に返り、転がるように蔵を出た。柿の木の下、みんなの笑顔が迎えてくれた。あの中に泰助はいたのか。貧しい小作人の倅は、自分の名を読んだのか。(「彷徨う刑事」永瀬隼介)

「あの前庭の柿の木。あれに傷をつけへんように注意してください。ちょっとしたことで枝がおれるから」チーフはヘルメットの庇をちょいと上げ、柿の木を眺めた。「ああ、随分古い木ですね。まだ実はなるんですか?」「ええ。毎年、律義に実を付けてくれてね」去年は裏年だったので、今年はきっと表年だ。柿の実がびっしりと輝くところを想像すると、今から楽しみになる。(「銀花の蔵」遠田潤子)