ニワザクラ(庭桜)

別名 
科属 バラ科サクラ属
学名 Prunus glandulosa cv. Alboplena

性状
落葉低木
葉の分類
互生、単葉、広葉、切れ込みなし、鋸歯あり
類似
備考

参考: 葉っぱでおぼえる樹木(柏書房)/日本の樹木(山と渓谷社)/樹に咲く花(山と渓谷社)

樹形


10.04.18小石川植物園

樹木解説

高さは1.5mほどで棒立ち状になる。葉は互生し、長さ5-9cmの長楕円形または長楕円状披針形で先は尖り、基部は広いくさび形。ふちには波状の細かい鋸歯があり、裏面の脈上に毛がある。葉柄は3-6mm。4月頃、葉と同時かまたは早く直径1.3-1.5cmの花が枝に多数咲く。花は白または淡紅色で八重咲き。

11.04.14小石川植物園

11.04.14小石川植物園

10.04.18小石川植物園

12.04.09上福岡

補足