カタクリ(片栗)

別名 
科属 ユリ科カタクリ属
学名 Erythronium japonicum Decne.

性状
多年草
葉の分類
根生、単葉、剣形、切れ込みなし、鋸歯なし
類似
備考
参考:野に咲く花/山に咲く花/高山に咲く花(山と渓谷社)

草形

10.03.14森林公園

草花解説

早春に10 cm程の花茎を伸ばし、薄紫から桃色の花を先端に一つ下向きに咲かせる。花茎の下部に通常2枚の葉があり、幅2.5-6.5 cm程の長楕円形の葉には暗紫色の模様がある。開花時期は4-6月で、花被片と雄しべは6個、雄蕊は長短3本ずつあり、葯は暗紫色。雌蕊の花柱はわずかに3裂している。地上に葉を展開すると同時に開花する。日中に花に日が当たると、花被片が開き反り返る。

10.03.14森林公園

10.03.14森林公園

10.03.14森林公園

10.03.14森林公園

補足