スズランスイセン(鈴蘭水仙)

別名 スノーフレーク、オオマツユキソウ(大待雪草)
科属 ヒガンバナ科スノーフレーク属
学名 Leucojum aestivum

性状
多年草
葉の分類
根生、単葉、剣形、切れ込みなし、鋸歯なし
類似
備考
参考:野に咲く花/山に咲く花/高山に咲く花(山と渓谷社)

草形

10.03.22赤塚植物園

草花解説

高さは40cmくらい。根際から生える葉は細長い剣形。3-5月、花茎の先に鈴蘭に似た純白の花を5、6輪つける。花は鐘形で垂れ下がり白色であるが、花弁の先端には緑色の斑点があるのが特徴である。

10.03.22赤塚植物園

10.03.22赤塚植物園

10.03.22赤塚植物園

10.03.22赤塚植物園

補足