小説の樹々20年06月

校庭のフェンスに沿って夾竹桃が植わっている。桃色の花が満開だ。思わず目を逸らした。夾竹桃の花は苦手だ。理由は二つある。一つ目は、真夏に咲く桃色の花が暑苦しくて押しつけがましく感じること。そして、二つ目は毒があるからだ。それを教えてくれたのは父だ。この前、父と散歩していたときのことだ。ふいに父が夾竹桃を指さした。(「銀花の蔵」遠田潤子)

「かくれみの」の読書歴

蔵書を整理した。中学校の頃から読書を始め、最初に読んだ文庫本は伊藤左千夫の「野菊の墓」だったと記憶している。確かS.Oさんから借りたものではなかったか。今から思えば、本を貸してくれたことは実は告白だったか?学生の頃は電車通学で文庫本を読んでいたが、例外なく太宰治、芥川龍之介、志賀直哉、夏目漱石あたりから始め、三島由紀夫、福永武彦、立原正秋等へといった。借りて読むのは好きではなくほとんど購入していた。三浦哲郎の「忍ぶ川」はいつごろ読んだのだろうか。しかし、家でボヤをだし、この時代の蔵書は水浸しで全部捨てた。会社に入ってからは読書の習慣がしばらく絶えて電車の中ではビックコミックを愛読していた。いつの頃からか再び読み始めているが、多少金銭的余裕もできてハードカバーも購入し始めた。気に入った本があると同じ著者物を続けて読む傾向もある。当然ながらいつの間にか本が山積みになり始めた。でも捨てきれないでいる。(本棚左下の家マークをクリックするとマイ本棚へ)


BUTTER(柚木麻子)

株式会社新潮社 新潮文庫 第1刷 20年2月1日発行/20年06月 日読了

積読

犯罪小説集(吉田修一)

株式会社KADOKAWA 角川文庫 再版 19年05月15日発行/20年06月 日読了

積読

星宿海への道(宮本輝)

株式会社幻冬舎 幻冬舎文庫 第2刷 16年11月25日発行/20年06月 日読了

積読

株式会社筑摩書房 ちくま文庫 第1刷 14年03月10日発行/20年06月 日読了
積読